やまゆり
  • Author:やまゆり
  • 野庭の四季へようこそ
  • RSS
野庭(のば)の四季
横浜市港南区にある野庭(のば)団地の季節の移ろいを、団地の花々、大船植物園の花々、空と雲でご紹介。その他音楽関係もご紹介
FC2カウンター


ランキング参加中

クリックしてくださいね


カテゴリー

ご覧になりたい項目を
クリックしてください


ブログ内検索

お花の名前はここで検索して下さい
咲いていた場所なども検索できます その他、なんでも検索してね

検索する言葉は、その一部でも大丈夫です。その言葉を含むページを表示します。


目次(全記事表示)

全タイトルを表示


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSフィード


最近のトラックバック




お知らせ
8月27日(日)
川久保純子ロマンティックピアノVol.2
(詳細は後日お知らせします)
杉田劇場
コールのばを引き継ぐ形で誕生した
女声コーラスグループ
「プチタプチ」のチラシが新しくなりました。

参加しやすい平日の午前中
ご指導はもちろん、広濱、川久保の両先生。
お気軽にお電話でお問い合わせください。

左のサムネイルをクリックすると
大きなチラシをご覧になれます。

港南区音楽祭のコールのばの演奏をお聴きいただけます
2015年の演奏を追加しました(2015/05/31)

野庭・春(ツツジ、アカツメグサ、ドウダンツツジ、ハナモモ)

春はどんどん進んでいます。
今日も一回り歩いてきたら、沢山の花。
冬の色彩の無い時と比べると、
野庭団地は色彩が溢れ、花の街になっています。



P4170051N.jpg

ツツジ
外周道路の植え込みの下に植えられたツツジも
個体差や日当たりの差でバラバラですが、
かなり咲いています。
殺風景だった道路も、華やかに彩られてきました。

P4170057N.jpg

アカツメグサ
このブログで何回もご紹介したアカツメグサも
顔を出し始めました。
最初見つけた頃から比べると
多くの場所で目にすることができ、
花も大きくなっているようです。

P4170060N.jpg

P4170061N.jpg

ドウダンツツジ
秋には見事な紅葉になるドウダンツツジも
春には、可愛らしい花を咲かせます。
この木は、外周道路沿いの法面に植えられて
野放図に育ってしまったためか
ドウダンツツジとは思えない大きさで、
花も見事に咲いていました。

こんな風にのびのびと育つと、
アセビと間違えそうな花ですが、
アセビは房になって咲くので、区別できます。

P4170064N.jpg

ハナモモ
やはり外周道路沿いに、
どなたかが植えられたハナモモが咲いていました。
植えた方が付けたのか、名札もついていました。
一本の木に、白とピンクの花が咲く源平咲き(またはキメラ)です。

撮影:平成29年4月17日・午前8時40分前後


テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・春(春はかけあし:フリージア、シャクナゲ、クリスマスローズ、シャガ)
ソメイヨシノにかかずりあっていたら、
春は足早に進んでいました。

今日ひと回りした時に見つけた、春の花を
ご紹介してゆきます。



フリージア
何故か野草化してしまっていました。
そのためか、一寸小振りです。

P4150037N.jpg

シャクナゲ
盛りをやや過ぎてしまっていました。
しかし、大きな見事な真紅の花を
誇らしげに咲かせていました。

P4150042N.jpg

クリスマスローズ
最近は色々な色がありますが、
下向きに花をつけて、
何となく地味な感じがします。

P4150044N.jpg

シャガ
アヤメ科のこの花は
珍しい模様の花びらを持つことで知られています。
Iris japonica という学名をもちますが、
中国原産で、かなり昔に日本に入ってきました。

一般的には木陰の湿った所を好み神秘的ですが、
この写真の花は、比較的日当たり良い所で咲いてしました。

撮影:平成29年4月15日・午後3時前後




テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・春(猫達の朝の行事)


午前9時50分:
朝ご飯を食べた後、二匹の猫達は
ベッドの上の、丸型寝床でぐっすりと二度寝。

P4120028N.jpg

午前10時32分:
いつの間にか、寝床が空っぽ。
幾らぐっすり寝ていても、
朝のおやつの時間には、必ず目が覚めます。

P4120029N.jpg

午前10時36分:
ボス猫は、おやつの前にやる仕事があります。
それは、テリトリーの見回り。
ベランダから、首を伸ばして、
テリトリーを侵す猫が居ないか確認します。

何処までを自分のテリトリーと思っているのか
人間には分かりませんし、見まわる時間と順序も分かりません。
しかし、夜寝る前には、玄関をひと回り見て回ります。

P4120030N.jpg

午前10時44分
それが済んだら、
おやつを二匹揃って仲良く食べます。

主食のカリカリとは別のお皿に
「ねこのおやつ」という、
柔らかくて、口当たりん良い「おやつ」を貰います。

この後は、顔を洗って各自勝手なことをやり、
ベッドには戻ってきません。

撮影:平成29年4月12日

テーマ: - ジャンル:ペット

野庭・春(窓の下のサクラも満開)


P4100026N.jpg

続けてサクラ(ソメイヨシノ)の話で恐縮ですが、
我が家の南の窓の下のサクラ達も
満開になりました。

棟の北側と南側に、サクラがあります。
共に40年位の、ソメイヨシノで言えば、古木ですが、
毎年良く花をつけてくれます。
手入れをしてくれている緑の会(ボランティアの方々)のお蔭です。

しかし、これも毎年のことですが、
北側の日差しの悪い方が早く咲き、
南側の日差しの良い方が遅く咲きます。
個体差かとも思うのですが、よく分かりません。

撮影:平成29年4月10日・午前11時20分

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・春(一本桜満開)


土木事務所の裏にある、古いソメイヨシノ、
毎年見事な花を咲かせますが、
今年は特に見ごたえがあります。

細かい雨の降る中、今満開です。
大きく伸びた枝は、馬洗川の水面に届きそうです。

根元を踏まれることもなく、幸せな桜です。

「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」
という言葉が、いまさらながら思い出されます。
しかし、ソメイヨシノの寿命は短く、
うっかりすれば、風で倒れることもあります。
団地の中では、その危険を避けるために
あるいは、病気を避けるために
剪定を続けなければならないのも現実です。

「やはり野に置け蓮華草」の言葉のように
桜も伸び伸びとしたところで、
その寿命が自然と絶えるまで咲かせたいものですが、
危険を避け、病気を予防し寿命を延ばすためにも、
適切な手入れも必要なようです。

その両立を図るための、
切り戻し剪定を上手に行ってゆく必要があるようです。

撮影:平成29年4月8日・午後1時15分

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用