やまゆり
  • Author:やまゆり
  • 野庭の四季へようこそ
  • RSS
野庭(のば)の四季
内容をリニューアルし、手持ちの花の写真と季節の叙情歌のコラボをお送りします。併せて音楽関係の情報も。
FC2カウンター


ランキング参加中

クリックしてくださいね


カテゴリー

ご覧になりたい項目を
クリックしてください


ブログ内検索

お花の名前はここで検索して下さい
咲いていた場所なども検索できます その他、なんでも検索してね

検索する言葉は、その一部でも大丈夫です。その言葉を含むページを表示します。


目次(全記事表示)

全タイトルを表示


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSフィード


最近のトラックバック




お知らせ
5月10日(水)
19時より
川久保純子先生
ムーサ ヒーリング コンサート
藤沢・リラホール

港南区音楽祭のコールのばの演奏をお聴きいただけます
2015年の演奏を追加しました(2015/05/31)



花と音楽(バラ:ブルー リバー/ソルヴェイグの子守歌:ルチア・ポップ)


バラ(ブルー リバー)

ブルー リバーは、濃いラベンダー色で外弁が赤紫色、
さらに咲き進むと花弁全体が赤味を帯びる魅惑の花色を持ったバラです。
この写真は、かなり咲き進んだ状態だと思われます。





グリーク:ソルヴェイグの子守歌(ルチア・ポップ)

グリーク作曲の、「ペールギュント」の劇中歌で、
最後に無一文になり、ソルヴェイグのもとに帰り着いたペールギュントを優しく抱いて
長年待ち続けたソルヴェイグが歌う子守歌です。
ペールギュントは、この子守歌を聴きながら
ソルヴェイグの腕の中で息絶えていきます。
(とは言っても、この劇、観たことはありません)
組曲には、組み込まれていません。



テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

花と音楽(バラ:オクラホマ/ソルヴェイグの歌:アンナ・ネトレブコ)


バラ(オクラホマ)

名前からもお分かりのように、
1964年にアメリカで作出されたバラです。





ソルヴェイグの歌(アンナ・ネトレブコ)

ソルヴェイグの歌は、
グリークがイプセンの戯曲「ペールギュント」のために作曲した劇中歌のひとつです。
グリークの作曲した劇中曲は、
そのうちの8曲が管弦楽曲に編曲されて、二つの組曲にまとめられています。
(第1組曲、第2組曲)
その組曲の、最後に出てくるのがソルヴェイグの歌です。

劇中では劇の途中で、放浪の旅に出てしまったペールギュントを想い
ソルヴェイグが歌う歌で、組曲では歌唱はありません。

この他に、ソルヴェイグの子守歌というのがあり、
これは放浪から無一文になり戻ったペールギュントを抱き
ソルヴェイグが優しく歌う子守歌で、この歌とは異なります。
組曲の最後になるので、よく子守歌と間違えられます。

歌手のアンナ・ネトレブコは、
ロシア出身のソプラノ歌手で、
卓抜した実力のみならずその美貌によっても名高かく、
現代を代表するオペラ歌手の一人でです。



テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

花と音楽(バラ:プレステージ ドゥ リヨン/無言歌作品109:ジャクリーヌ・デュ・プレ)


バラ(プレステージ ドゥ リヨン)





メンデルスゾーン 無言歌 作品109(ジャクリーヌ・デュ・プレ)

無言歌ニ長調 Op.109は、メンデルスゾーンが亡くなる2年前の1845年に、
世界初の女性チェリストと言われるフランス人、リサ・クリスティアーニ(1827-1853)のために作曲しました

今回は、世界的な女性チェリスト ジャクリーヌ・デュ・プレの演奏で聴いてみます。
ジャクリーヌ・デュ・プレは、16歳ですでに世界的なチェリストとしての名声を得ていましたが、
残念なことに、多発性硬化症のため、1973年に28歳で引退、1987年に42歳で夭折しました。




テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

花と音楽(バラ:かぐや姫/トロイメライ:川久保純子)


バラ(かぐや姫)

名前から分かる通り、
1998年に日本の京成バラ園で作出された花です。






シューマン:子供の情景より第7曲・トロイメライ(川久保純子)

「花と音楽」の最初は、純子先生の演奏で、トロイメライを聴いて下さい。



テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

お知らせ
何時もご来訪頂き、有難うございます。
しばらくの間「花と抒情歌」をテーマにアップしてきましたが、
そろそろ叙情歌も種が尽きてきた感じです。

もちろん、まだまだあるとは思いますが、
2月に入ったところで、叙情歌から離れたいと思います。

それで、これからは「花と音楽」というテーマで
ほぼ10分以内で終わるような、クラシック音楽的なものを
youtubeからシェアして、ご紹介したいと思います。

器楽曲、声楽(オペラのアリアやリートなど)また合奏やオーケストラなど
思いつくまま雑多に上げていきます。
選んだ曲の演奏家も、たまたまyoutubeで見つけたもので、
その曲のベスト演奏とかではありません。

みな耳慣れた曲ばかりで、聴いて癒されるものを選びたいと思いさす。
相変わらず、ご愛顧をお願いします。



テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術