やまゆり
  • Author:やまゆり
  • 野庭の四季へようこそ
  • RSS
野庭(のば)の四季
横浜市港南区にある野庭(のば)団地の季節の移ろいを、団地の花々、大船植物園の花々、空と雲でご紹介。その他音楽関係もご紹介
FC2カウンター


ランキング参加中

クリックしてくださいね


カテゴリー

ご覧になりたい項目を
クリックしてください


ブログ内検索

お花の名前はここで検索して下さい
咲いていた場所なども検索できます その他、なんでも検索してね

検索する言葉は、その一部でも大丈夫です。その言葉を含むページを表示します。


目次(全記事表示)

全タイトルを表示


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSフィード


最近のトラックバック




お知らせ
コールのばを引き継ぐ形で誕生した
女声コーラスグループ
「プチタプチ」のチラシが新しくなりました。

参加しやすい平日の午前中
ご指導はもちろん、広濱、川久保の両先生。
お気軽にお電話でお問い合わせください。

左のサムネイルをクリックすると
大きなチラシをご覧になれます。

港南区音楽祭のコールのばの演奏をお聴きいただけます
2015年の演奏を追加しました(2015/05/31)

野庭・冬(ウメほころぶ)


毎年いち早く咲く早咲きの紅梅ですが、
今年はご覧のように、年内に開花しました。

まだたくさんの蕾を持っています。
今年から来年への架け橋として、
毎日蕾を開き続けてゆくものと思われます。

今年もあとわずか、
あっという間の一年でしたが、
それでも、お一人お一人、
色々なことがあったと推察されます。

この梅のように、すでに来年に向けて、花を開いて、
新たな年を迎えようとしている方もいらっしゃるでしょう。

どうぞ良いお年をお迎えください。

今年一年、ご覧いただき有難うございました。
来年もよろしくお願い申し上げます。

撮影:平成28年12月30日・午前10時45分

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・冬(ナノハナ)


菜の花と言えば、春の象徴。
野原を黄色く染めた景色を思い出します。

しかし、まだ11月だというのに、菜の花が咲いていました。
もちろん、どなたかが種をまいたものです。

間違いかと思い、帰宅してから調べたら、
菜の花には多くの種類があり、
種のまき時を選べば、11月~3月に
花を咲かせることも出来るそうです。

PC290062N.jpg

一列に並んで植えられています。
まだ咲き始めのようで、上の写真のように
殆んどの花は、蕾の方が多い感じでした。

撮影:平成28年12月29日・午前11時

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・冬(サザンカ)


もう何回も書いたかと思いますが、
野庭団地には、サザンカがあちらこちらにあります。

ここ数年、そのサザンカの花付きが非常によくなり、
どの木も、真っ赤になっています。
この木もそのうちの一つ、
色彩の乏しい季節には、貴重な木です。

PC220055N.jpg

そんなサザンカは、ツバキと異なり
花弁が一枚ずつ散ります。
花付きが良いもので、木の下もご覧の通り
赤いじゅうたんを敷いたようになります。

撮影:平成28年12月22日・午前10時40分

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・冬(裸木)


今日はいつもより暖かですが、やはり冬。
少し前までは、色付いた葉で美しかったケヤキも
すっかり葉を落としてしまいました。

天気も下り坂、不気味な雲が
西から押し寄せてきました。

撮影:平成28年12月22日・午前10時20分

テーマ:空と雲 - ジャンル:趣味・実用

野庭・冬(夕暮れ)


日没も早くなり、だいぶ南寄りになりました。
野庭ではダイヤモンド富士は見られませんが、
建物の陰に太陽が沈んだ後は
見事な夕焼けを見ることが出来ます。

ほの明るい空と、沈んだ太陽に照らされて光る雲、
そして、その下で赤く染まった空、
逆光でシルエットになった建物と共に、
一瞬の美しさを作り出してくれます。

撮影:平成28年12月19日・午後4時半

テーマ:空と雲 - ジャンル:趣味・実用

「川久保純子 ロマンティックピアノ」・開催迫る!!



癒やしのピアニスト・川久保純子先生が
川久保純子 ロマンティックピアノ 
と題して、年末に、とても楽しい、心温まる
演奏会を開きます

詳しくは、上のサムネイルをクリックし、
大きなチラシをご覧ください。

クラシックピアノとジャズの競演のクラジャ
みんなが知っているけれど、
何回も聴きたいお話とピアノの語らい
それに加えて、今回は、素晴らしい照明が
ロマンチックな夢の世界をつくりあげて
皆様を素敵な年末のひとときにお連れします


PartⅠは長年広濱先生と取り組んできた
クラジャ(クラシックとジャズのコラボが生み出す不思議な世界)をお届けします。
クラジャの詳しいことは、チラシにありますので、サムネールをクリックしてください。

PartⅡはピアノと絵本の朗読のコラボと言う、これまた摩訶不思議な組み合わせ。
これが、冬の夜にはぴったりの、素敵な世界を作り上げてくれます。
朗読の島津先生は素晴らしいソプラノ歌手なのですが、
今回は、歌唱でなく朗読に挑戦して下さるようです。
お歌いになるのは、何回か聴かせて頂いていますが、
今回は、島津先生の玉手箱から何が飛び出すか、ワクワクしています。

年末のお忙しいときですが、
この演奏会?で、ほっと暖かいひと時を、過ごしてはみませんか。
ご来場をお待ちしています。

開催日 :2016年12月28日(水)
開  演:14:00(開場13:30)
場  所:杉田劇場(横浜市磯子区区民文化センター) 新杉田駅直結
チケット:大人3,000円、スマイルクラブ2,500円、小中学生1,000円) 全席自由席

チケット取扱い 杉田劇場 045-771-1212
お問合せ ほっとむじーく 045-875-5914


純子先生の過去の演奏

テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

野庭・冬(お日様、さよなら)


日差しのある間は、ぬくぬくと日向ぼっこ
日が落ちると、ベッドの上の自分のベッドへ。

黙っていても移ってきて、またぐっすり。
ベッドは床より高いし、部屋には暖房があるし、
ということで、今日も一日寝て暮らし‥‥‥

撮影:平成28年12月10日・午後3時30分


PC100041N.jpg

と言うところで、アップするつもりでしたが
気づいたら、もう一匹も定位置に落ち着いてぐっすり。
さっきは別の所に避難していたのに、
やっぱりここが一番。

撮影:平成28年12月10日・午後4時30分



テーマ: - ジャンル:ペット

野庭・冬(ひなたぼっこ)


寒がりやさんは、
冬の午後は
定員半匹のベッド(?)で
気持ちよく、お昼寝です。

すりガラス越しの日差しが、
程よく温めてくれて、
毛の中は、まるで炬燵のよう。

撮影:平成28年12月10日・午後1時10分

テーマ: - ジャンル:ペット

野庭・冬(サザンカの小径)


野庭団地の緑道は、今サザンカが真っ盛り。
昨年もそうでしたが、花付きがとても良いので
大輪の赤い花が密に咲いています。

逆光で写したため、見ずらいですが、
この道も、サザンカに彩られていました。

色付いた木々の葉が、昨夜の雨でかなり落ちて、
寂しくなってしまいましたが、
気持ちの良い小径の一つです。

撮影:平成28年12月5日・午前11時10分

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・冬(飛行機雲)

東→南

PC050025N.jpg
南→西

明け方までかなりの雨が降っていましたが、
夜明けとともに上がり
晴天になりました。

その青空を貫いて
東から西まで、見事な飛行機雲。
まだ低い日差しに、見事に光っていました。

今日も昼間は気持ちの良い晴天が続くようです。

撮影:平成28年12月5日:午前8時30分

テーマ:空と雲 - ジャンル:趣味・実用

野庭・冬(紅葉・カエデ)
PC020018N.jpg

やっと、モミジが紅葉しました。
この木は、今が見ごろ、
年と共に大きくなり、冬の日差しに映えていました。

多分、イロハモミジだと思いますが、
定かではありません。

撮影:平成28年12月2日・午前9時45分

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・冬(富士山)


朝から快晴、全天青空です。
こんな日は、野庭団地は富士山がごちそうです。

早速、と言っても少々出遅れましたが
隣接する丘の上までウォーキングを兼ねて。

素晴らしい富士山の全景です。
ただ、時間が遅く、空気も靄ってきたので
写真だと、薄っすらとしか写りませんが、
上半身に白衣をまとった姿は
これぞ富士山と言えそうです。

撮影:平成28年12月2日・午前9時15分

テーマ:空と雲 - ジャンル:趣味・実用

純子先生の演奏(プーランク:エディット・ピアフをたたえて)
junkko-No10(kiridashi-2)photo-N.jpg
昨日に続いて、川久保純子先生の演奏をご紹介します。




2016年3月10日に、横浜みなとみらい小ホールで開催された

川久保純子
ピアノリサイタル Vol.10
「秘められた伝説~トークで綴るスペシャル」 より

プーランク作曲 即興曲第15番 ハ短調
「エディット・ピアフをたたえて」
 

エディット・ピアフという実在した
そして、波乱万丈な生涯を送り
47歳という短い一生を終えた
有名なシャンソン歌手に献呈された作品。

具体的なテーマを明示した曲は
作曲者の楽譜に込めた思いもあるし、
それを解釈して、自分のものとして、具体的に音楽を、
聴衆に届ける演奏家もいるし、
さらに、それを聴き、想いをはせる聴衆もいるという、
難しいが、聴く方にとっては、楽しみでもある曲です。

ましてや、エディット・ピアフという
ある意味非常に個性的なシャンソン歌手を
プーランクがどのように作曲し、
それを、純子先生がどのように、音楽として紡ぎ出したか
興味の尽きない、プログラムでした。

テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術