やまゆり
  • Author:やまゆり
  • 野庭の四季へようこそ
  • RSS
野庭(のば)の四季
横浜市港南区にある野庭(のば)団地の季節の移ろいを、団地の花々、大船植物園の花々、空と雲でご紹介。その他音楽関係もご紹介
FC2カウンター


ランキング参加中

クリックしてくださいね


カテゴリー

ご覧になりたい項目を
クリックしてください


ブログ内検索

お花の名前はここで検索して下さい
咲いていた場所なども検索できます その他、なんでも検索してね

検索する言葉は、その一部でも大丈夫です。その言葉を含むページを表示します。


目次(全記事表示)

全タイトルを表示


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSフィード


最近のトラックバック






お知らせ
4月29日(土)13:15~
第1回 音楽の花束コンサート
詳細はこちらをクリック
サルビア音楽ホール
JR鶴見駅前
8月27日(日)
川久保純子ロマンティックピアノVol.2
(詳細は後日お知らせします)
杉田劇場
コールのばを引き継ぐ形で誕生した
女声コーラスグループ
「プチタプチ」のチラシが新しくなりました。

参加しやすい平日の午前中
ご指導はもちろん、広濱、川久保の両先生。
お気軽にお電話でお問い合わせください。

左のサムネイルをクリックすると
大きなチラシをご覧になれます。

港南区音楽祭のコールのばの演奏をお聴きいただけます
2015年の演奏を追加しました(2015/05/31)

野庭・初冬(色づく)


11月も下旬、間もなく師走です。
野庭団地の木々も色づき始めました。
このブログで、野庭団地のいろいろなモミジをご紹介してきました。
多分、モミジと入れて、検索窓で検索していただくと、
沢山のモミジがご覧になれると思います。
たとえばオオモミジなど、すぐ見つかります。

しかし、花図鑑のように、一つずつ見るのと違い、
今の時期は、野庭団地全体が色づいてきます。
モミジはカエデだけでなく、
落葉樹は緑色の夏の色を変え、
黄色や茶色、あるいは紅色となり、葉を落としてゆきます。

正面に見えるのは、たぶんイヌシデではなかったかと思います。
夏の間、涼しい木陰を作ってくれたケヤキも、
華やかさはやや乏しいけれど、やはり色づいて、
やがて冬の装いになります。
冬のケヤキも天に葉を落とした枝を大きく広げて
それはまた、独特の趣があるのですが。
そうして、葉を落としてくれたおかげで、
今度は、暖かな日差しが、緑道に届き、今日のような晴天の日には
心地よい散歩道になります。

最後に蛇足を。
11月7日にアップした霧の野庭団地、この写真とほぼ同じです。
霧の時には、この正面の建物が完全に見えなくなって、
どれほど深い霧だったか、お分かり頂けると思います。

撮影:2012年11月25日
場所:野庭団地内

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・霧の朝


今朝の野庭団地は濃い霧に包まれていました。
かろうじて見える近隣の棟の間に見えるはずの棟は
霧に遮られて全く見えません。

この写真は、午前8時過ぎに写したので、
もっと早い時間に気づいていれば、
さらに深い霧に、団地全体が沈んでいたことでしょう。

昔はびっくりするほど深い霧がよく出ました。
一番驚いたのは、自分の部屋(5階)から、地面が見えず、
当然のことながら、この写真では見えている向かいの棟も見えず、
乳白色の霧の中に、完全に孤立した状態だった時です。

最近は深い霧はあまり出なくなりました。
それだけ、野庭団地周辺も都会化したのかもしれません。
この霧ではよく分かりませんが、今朝は完ぺきな晴天で
すでに太陽は昇っていました。

撮影:2012年11月7日
場所:野庭団地内

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

ひまわり区民コンサート(リハーサル)
H24ヒマコン

10月28日(日)に、
上大岡の「ひまわりの郷」で開かれた「ひまわり区民コンサート」は、
大勢のお客様においでいただき、
大盛況で、無事成功裏に終了しました。
お越しいただいたお客様、
当日ボランティアで運営をお手伝いくださった方、
そして熱演された出演者の皆様に、
実行委員の一人として、お礼申しあげます。

さて、上に掲げた写真は、当日のプログラムの一つ、
ハープ二重奏のリハーサル風景、
というよりは、リハーサルを始める前の
ハープ二台の配置の調整風景です。

実行委員の写真担当の方が写してくださったもので
表舞台だけを聴かれたお客様は、ほとんど目にすることのないところです。
その他、舞台の袖とか、出演者の素顔とか
実際のリハーサル風景とか、
実行委員になってみて、こうやって舞台と音楽が作られてゆくのだということに
初めて、肌で触れることができ、これも実行委員の楽しみの一つでもあります。

テーマ:コンサート - ジャンル:音楽