やまゆり
  • Author:やまゆり
  • 野庭の四季へようこそ
  • RSS
野庭(のば)の四季
横浜市港南区にある野庭(のば)団地の季節の移ろいを、団地の花々、大船植物園の花々、空と雲でご紹介。その他音楽関係もご紹介
FC2カウンター


ランキング参加中

クリックしてくださいね


カテゴリー

ご覧になりたい項目を
クリックしてください


ブログ内検索

お花の名前はここで検索して下さい
咲いていた場所なども検索できます その他、なんでも検索してね

検索する言葉は、その一部でも大丈夫です。その言葉を含むページを表示します。


目次(全記事表示)

全タイトルを表示


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSフィード


最近のトラックバック




お知らせ
コールのばを引き継ぐ形で誕生した
女声コーラスグループ
「プチタプチ」のチラシが新しくなりました。

参加しやすい平日の午前中
ご指導はもちろん、広濱、川久保の両先生。
お気軽にお電話でお問い合わせください。

左のサムネイルをクリックすると
大きなチラシをご覧になれます。

港南区音楽祭のコールのばの演奏をお聴きいただけます
2015年の演奏を追加しました(2015/05/31)

ハナショウブ(有馬川)
110621ハナショウブ・アリマガワ

ハナショウブ(有馬川・ありまがわ)
(アヤメ科)
撮影:2011/6/16
場所:大船植物園

江戸系の花ですが、情報の少ない花です。
さすがの「加茂花菖蒲園」のデータベースにも
載っていませんでした。

それ程珍しいものではないらしく
市販はされています。

三英の純白の花びらで、比較的大輪です。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ハナショウブ(花の都)
110620ハナショウブ・ハナノミヤコ

ハナショウブ(花の都・はなのみやこ)
(アヤメ科)
撮影:2011/6/16
場所:大船植物園

大船系の花菖蒲です。
大輪三英系で、
中生、淡藍紫色、 脈淡藍色だそうです。

大船系でも、いわゆる「宮沢交配種」の一つで、
詳細はリンクから
「宮沢交配と大船フラワーセンター]を
開いて御覧下さい。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ハナショウブ(瀞の光)
110619ハナショウブ・トロノヒカリ

ハナショウブ(瀞の光・とろのひかり)
(アヤメ科)
撮影:2011/6/16
場所:大船植物園

江戸系の花です。
中晩生  水色に白い筋が浅く入る六英花。
花径は20cmを越す巨大輪とのことですが、
ベースの水色がもう薄くなり、
後ろに二番花の蕾が見えます。

繁殖はやや少ないそうですが、
花菖蒲園に向く、豪華な花です。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ハナショウブ(鶴の毛衣)
110618ハナショウブ・ツルノケゴロモ

ハナショウブ(鶴の毛衣・つるのけごろも)
(アヤメ科)
撮影:2011/6/16
場所:大船植物園

江戸系の花です。
気品のある純白の中生三英花。

花びらが尖ったようなのが特徴で、
性質が弱く、繁殖も少ないそうです。

「加茂花菖蒲園」のサイトの説明を引用させていただくと
[江戸花菖蒲古花のなかでも、
松平菖翁の作出した「菖翁花」と呼ばれている品種の一つで、
菖翁花は、現在10数種類が現存しているものと思われる。
この品種は、菖翁の花菖蒲品種目録「花菖蒲花銘」に記載され、
菖翁花の中ではよく知られている。]とのことです。


テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ハナショウブ(初葵)
110617ハナショウブ・ハツアオイ

ハナショウブ(初葵・はつあおい)
(アヤメ科)
撮影:2011/6/16
場所:大船植物園

白地に紫の筋、江戸系の特徴のひとつだそうです。

あまり情報のない品種です。
やっと一つ見つけた情報ですと
まさに江戸系、三英、中輪の花だそうですが、
花の写真が異なって、もっと地が濃い色でした。

もしかしたら、品種名がずれているかもしれません。
ご存知の方がありましたら、お教え下さい。

ただ、大船植物園の銘板には「初葵」となっており、
その他江戸系で「葵」の文字を含む花には良く似ているのですが。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ハナショウブ(錦繍の粧)
110616ハナショウブ・キンシュウノヨソオイ

ハナショウブ(錦繍の粧・きんしゅうのよそおい)
(アヤメ科)
撮影:2011/6/16
場所:大船植物園

大船系のハナショウブで、
極大輪系三英、晩生 紫に白絞りの花です。

晩生は関東以西の一般暖地で、6月15日頃に満開を迎える品種で、
極大輪とは、花径が20cm前後またはそれ以上になるものです。
三英は、大きな花弁が三枚のもので、極大輪系三英だと、
写真でも何となく想像が付くように、大きな花弁で、豪華な花です。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ハナショウブ(草の庵)
110615ハナショウブ・クサノイオリ

ハナショウブ(草の庵・くさのいおり)
(アヤメ科)
撮影:2011/6/16
場所:大船植物園

大船系のハナショウブです。
大船系については、
「玉川大学農学部・田淵俊人のホームページに」詳しく記載されています。
リンクを張っておきますので参照下さい。

ハナショウブは、花が咲き始めてから日が経つにつれ
色が少しずつ変わってくるそうです。
菖蒲園へ行くと同じ品種でも、少しずつ違った色が見られます。


テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ハナショウブ(花菖蒲園)
110614ハナショウブエン

野庭団地の梅雨の季節をご紹介してきましたが、
目を転じて、梅雨の時期に欠かせないハナショウブをしばらくご紹介します。

昨年は大船植物園へ行った時期が
ハナショウブの最盛期とずれてしまって、
殆んど写せませんでした。

今年は、丁度良さそうな時期を狙って、
今にも降り出しそうな天気でしたが出かけて見ました。
そして、沢山のハナショウブに出会えました。
御覧のように、細長~~い、掘割に整然と植えられています。

植物園なので、きちんと品種名を書いた銘板が付いていました。
明日から、昨年写したバラのように、ご紹介しようと思いますが、
品種によっては、情報が手に入らないものもありますので、
その点はご容赦下さい。

また、情報は主として「加茂花菖蒲園」のサイト
http://www.kamoltd.co.jp/katalog/index.htm
を参照させていただいております。
その他のサイトも、必要に応じて参照させていただきました。

個々の花のときに、花菖蒲についての説明を記載するのは煩わしいので、
これまた、きちんと纏まっている「加茂花菖蒲園」の
花菖蒲の専門用語の解説を参照して下さい。

ただ、品種の系統の中の「大船系」については、記載が独立していませんので、
大船系の花をアップした時に付け加えることとします。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・梅雨(アジサイ)
110613アジサイ

梅雨に定番のアジサイも咲き始めました。
既に、このブログでは、沢山のアジサイをご紹介しています。
検索窓に「アジサイ」と入れて、検索してみて下さい。
過去の記事の一例です。
野庭団地で見られる色々なアジサイと、
一寸した能書きを見ることが出来ます。

今年は、遅れていたのか、やっと大きな花が色付き始めました。
毎年、緑の会の方々が丹精してくださっている第二のアジサイも
立派な花をつけています。

今の時期、ちょっと歩けば、いたるところでアジサイに出会えます。

撮影:2011年6月18日
場所:第二管理組合内

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・梅雨(バラ)
110612バラ

数日前に、緑道で咲いていた赤いミニバラをご紹介しました。
今日は、交番の裏の金網に咲いている、
ピンクのバラをご紹介します。
品種名は分かりませんが、
10センチ弱の比較的大きな花が
房咲きで咲いています。
多分フロリパンダ系のバラだと思いますが、
確かなことは分かりません。

野庭団地を一回りしてみると、
このように、あちらこちらでバラを見ることが出来ます。
植物園のバラもいいものですが、
点々と咲いている名も分からないバラを見ながら歩くのも
楽しいものです。

撮影:2011年6月6日
場所:交番裏

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・梅雨(ヘメロカリス)
110611ヘメロカリス

ヘメロカリスも今の時期、
野庭団地のあちらこちらで咲きます。
以前にも、遊水池の緑道で咲いていた
別の色のものをご紹介しました。

今年は、第二管理組合の緑道の法面で咲いてる黄色い花をご紹介します。
ここでも、毎年鮮やかな花が、開きます。
かなり大きな花なので、直ぐ目に付くし、
雑草の生い茂った法面を彩ってくれています。

撮影:2011年6月4日
場所:第二管理組合内

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・梅雨(西洋のこぎりそう)
110610セイヨウノコギリソウ

野庭団地へ戻ってきたら、
第十管理組合と第七管理組合の間にある駐車場で
赤い西洋のこぎりそうを見つけました。
あまりにも鮮やかに咲いていたので、
思わずシャッターを切ってきました。

離れて見ると無機質な高層集合住宅ばかりですが、
その建物の間では、こんな花たちが迎えてくれます。

撮影:2011年6月4日
場所:すずかけ通り駐車場脇

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・梅雨(里山的風景)
110609ナシエン

昨日ご紹介したキショウブを写した近くに、梨園があります。
横浜名物の「浜梨」です。
花の写真は以前ご紹介しました
その脇の細い上り坂を登って行き、振り返ったらこんな景色が・・・
先日「すずかけの郷」から写した、農業専用地域なのですが、
見る方向と、写真のマジックで、こんな里山的な景色になりました。

左手は孟宗竹です。立派な太い竹が密集しています。
筍の季節には、この坂道を登りきったところに有る
農協の直販所で、朝掘り筍を売っています。

細いかなり急な道ですが、登りきると正面には野庭団地。
その急激な景色の変化も、ビックリの道です。

撮影:2011年6月4日
場所:梨園上より

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・梅雨(きしょうぶ)
110608キショウブ

このきしょうぶ(黄菖蒲)は以前にもご紹介しました。
相変わらず、同じ所で咲いています。
前回の写真は、花を主体に写しましたが、
今回は、周りの雰囲気も写してみました。

花の向こうに見えるのは、田圃です。
開発されずに残された里山の一部です。

撮影:2011年6月4日
場所:浄念寺前

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・梅雨(ミニバラ)
110607ミニバラ

緑道の金網の柵に、美しいバラが咲いていました。
今まで、このブログでは野庭団地のバラを、
殆んどご紹介していませんでした。

バラだとは分かるのですが、
それ以上の品種名などが分からなかったためです。
しかし、大船植物園のバラで、かなり品種名をご紹介したので、
野庭団地のバラは、バラとしてご紹介し、
想像のつく範囲で、多少の能書きを書いてみます。

このバラは、2~3センチくらいの花なので、
ミニバラでいいでしょう。
柵に寄って咲いているので、
一見つるばらのように見えましたが、
つるばらではありませんでした。

こんな具合に、野庭団地を一周すると、
色々なバラに出会えます。
やはり、この季節は薔薇園でなくても、
美しいバラに出会えるものです。

撮影:2011年6月4日
場所:緑道

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・梅雨(やまぼうし)
110606ヤマホウシ

ハナミズキが終ると、それを追うようにヤマボウシ(山法師)が咲き始めます。
赤い花の咲く、紅花山法師は、5月26日にご紹介しましたが、
それより少し遅れて、白い山法師が、あちらこちらで咲き始めました。

御覧のように、葉の上に、それも上向きで咲くので、気付きにくいし
写真に収めるのにも、苦労します。
以前上から写した写真がありますので、花はそれを見てください。
下の写真では、以前の写真より、白い総苞の中心の花が開いています。

撮影:2011年6月4日
場所:緑道

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・梅雨(はるもみじ)
110605モミジ

もみじといえば、秋が定番ですが、
春、芽吹く頃赤く染まる「はるもみじ(春紅葉)」があります。

以前、代表的な品種の「新出猩々」をご紹介しましたが、
中央公園にも、若い木ですが、春紅葉がありました。
緑の葉の木々の中で、一本だけ赤く染まっているので
とても目立ちます。

あえて逆光で写したので、ちょっと黒ずんでいますが、
秋の紅葉と違って全体に濃い色のようです。

秋の紅葉は、落葉寸前に、緑を作っていたクロロフィルが抜け、
光合成で出来た糖が、落葉の準備を始めた葉から幹へ移動できず
葉に残って、赤い色素のアントシアニンが合成されるためです。

春紅葉の赤はやはりアントシアニンですが、
これは、新芽を紫外線から守るため、自ら葉にとどめているそうです。
そんな違いが、春と秋の色の違いになるのかもしれません。

撮影:2011年6月4日
場所:中央公園

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・梅雨(しなさわぐるみ)
110604シナサワグルミ

センターの広場に立つしなさわぐるみ(支那沢胡桃)です。
以前にもご紹介しましたが、
今回は、上の写真で全体を写してみました。
いかに大きな木か、お分かり頂けるでしょう。
以前の写真はこちらです

翼を持った花序は、相変わらずぶら下がっていますが、
やっぱり不気味な感じです。
しかし、大きく枝を広げて木陰を造ってくれるので、
夏の暑い時には、ありがたい木でもあります。

撮影:2011年6月4日
場所:遊水池・緑道

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・梅雨(ヒペリカム・ヒドコート)
110603ヒペリカムヒドコート

キンシバイ(金糸梅)の園芸種で、
花つきも良く、丈夫で、排気ガスにも耐えます。
花もキンシバイより大きく、
野庭団地では、色々な所に咲いています。
港南台の方では、道路の中央分離帯にも使われていました。

今回は全体の雰囲気を見てもらうため、
花が小さくなってしまっています。
以前の写真で、花の詳細は見て下さい。
以前の写真はこちらです。

撮影:2011年6月4日
場所:遊水池・緑道

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・梅雨(さつき)
110602サツキ

躑躅が終わると、野庭団地のあちらこちらで、
さつき(皐)が裂き始めます。
以前にもご紹介しましたが
今度は場所を変えて、遊水池の緑道です。
ススキと思しき野草が伸びていますが、
結構綺麗に咲いていました。

撮影:2011年6月4日
場所:遊水池・緑道

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・梅雨(ていかかずら)
110601テイカカズラ

今日から6月に写した写真をご紹介します。
梅雨入り宣言が出てからもう大分経ちますが、
今日からタイトルを「梅雨」にします。
春夏秋冬には入っていませんが、
爽やかな初夏から鬱陶しい梅雨に入り、
明ければ夏・・・初夏と夏の繋ぎ役でしょうか。

その最初は、遊水池の柵に絡み付いて咲いているテイカカズラ(定家葛)。
以前ご紹介していますが、今回は遊水池と一緒に写してみました。
花が小さいので上の写真では見難いため、下に花のアップも載せました。

夾竹桃科の花で、白い一重の夾竹桃に似ていますが
花の旋回方向が夾竹桃と逆です。
可愛い花と同時に素晴らしい香りを持っています。
すぐ近くでこれだけ群れて咲いているので、
写真を撮ろうと近寄ったら、甘い香りが漂っていました。


撮影:2011年6月4日
場所:遊水池・緑道

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・初夏(花壇)
110526花壇

野庭団地の各管理組合の敷地内には
花壇用のスペースがあります。
住んでいる方々が、色々と工夫して、
それぞれ、個性のある花壇を作っています。

これもその内の一つ、
今までこの花壇では、沢山の花を写させてもらいました。
緑道から一望できるこの花壇では
色とりどりの花が、美しく咲き誇っていました。

花と緑の野庭団地の一面を知っていただくために
ご紹介してみました。

市営住宅(中層)でも、棟と棟の間の空き地に
色々な花が植えられ、
このブログに沢山の花を提供して貰いました。

撮影:2011年5月20日
場所:緑道から

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・初夏(しゃりんばい)
110525シャリンバイ

しゃりんばい(車輪梅)も、以前ご紹介しました。
前の写真はこちらです。
野庭団地の緑道ではよく目にする花です。
殆んどが低く剪定され、形良く整っています。

上の写真でお分かりのように
この木は2メートル以上も野放図に伸びています。
今まで持っていたシャリンバイのイメージと異なっていたので
違う花かと思って、写してきました。

調べてみたら、車輪梅もかなり大きくなるし、
種類も沢山有るようです。
下の写真で見ると、明らかに車輪梅のようです。
葉の形から「丸葉車輪梅」かなと思いますが、
これは定かではありません。

撮影:2011年5月20日
場所:緑道

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・初夏(おおきんけいぎく)
110524おおきんけいぎく

今の季節、野庭団地のあちらこちらで
比較的大きな黄色い花が咲いています。
鮮やかな黄色が陽に映えて、野草とは思えない美しさです。

名前はおおきんけいぎく(大金鶏菊)、以前にもご紹介しました。
前の写真はこちらを御覧下さい。
そこにも書いてある通り、繁殖力が強く
在来種に大きな影響を与えるために
2006年に特定外来生物に指定されて
栽培・補完・運搬・輸入・植栽が
原則的に禁止されることになりました。

ところが、やはりしぶといですね。
相変わらず咲き誇っています。

数日前、遊水池で咲いていたものは
全て刈り取られたようですが、
遊水池を綺麗に彩っていたのに残念・・・
では済まない状態のようです。

美しい花ですが、出来るだけ抜くようにしましょう。

撮影:2011年5月20日
場所:深田橋とその周辺

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・初夏(夏近し)
110523夏近し

野庭団地のほぼ西側は、
農業専用地域となり、昔のまま残されています。

その緑を、特別擁護老人ホーム「すずかけの郷」の前庭から
写させて貰いました。
この緑の先は「舞岡公園」に続いています。

先日の馬洗川の俯瞰写真と違って、
深い緑の連なりと、その中に点在する畑や田圃
そして、開発以前から在住の方々の民家が
野庭の緑を守っています。

その緑も、若葉から濃い色に変わってきました。
もう梅雨に入ったとのことですが、夏の近さを感じさせてくれます。

撮影:2011年5月20日
場所:すずかけの郷より

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・初夏(ジャーマンアイリス)
110522ジャーマンアイリス

特養の「すずかけの郷」の下にある民家の庭で
一叢のジャーマンアリリスを見つけました。
この花も以前ご紹介しましたが、
こんなに群れて咲いているんははじめて見ました。

花が大きく、色もはっきりしているので、
このように咲いていると、迫力すら感じますね。

撮影:2011年5月20日
場所:すずかけの郷の下

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・初夏(じゃがいも)
110521じゃがいもa

ジャガイモの花は以前にもご紹介しました。
こちらを御覧下さい

色も花の様子も違いますね。
間違ったかなと思って、もう一度調べたら、
同じジャガイモでも、品種によって違うようです。

ジャガイモ品種の花園
に詳しく載っていますので、ご参照下さい。

野庭団地は、まるで映画村のよう。
鬱蒼とした樹木の後ろが、大団地だったり、
その隣にこんな畑が残っていたり・・・
それだけに、四季の移ろいを肌で感じ、
こういう風に写真に残して楽しむことができます。

撮影:2011年5月20日
場所:旧野庭高校東の畑

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・初夏(あかばなゆうげしょう)
110520あかばなゆうげしょう

昨日ご紹介した桃色昼咲月見草同様、
最近は、かなり増えました。
もともと野草として、道端などにチラホラ咲いていたのですが、
ちょっと、空き地があると、こんな具合に群生します。

小さいながら、美しい花で、
名前の「赤花夕化粧」に、それほど違和感を感じません。

小さな花なので、前にご紹介したアップの写真を御覧下さい。
野草でもこんな美しい花が・・・と見ほれてしまします。

撮影:2011年5月20日
場所:旧野庭高校裏の温室脇

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

野庭・初夏(ももいろひるざきつきみそう)
110519ももいろひるざきつきみそう

ももいろひるざきつきみそう、とひらがなを並べると
何がなにやら分からない名前になってしまいます。
桃色昼咲月見草、
これで意味はわかるのですが、
何で昼に月見草なんでしょうか。

最初に見つけたときは、やはり5月
ちょっと早かったのか、レアモノと喜んだ記憶があります。
花期は長く、夏になっても咲いている、というよりは
夏が一番多いようだったのですが、
今年は今の時期に、もう満開に近く、
野庭団地とその周辺では、
完全に野草化して咲き誇っています。

この写真も、馬洗川せせらぎ緑道の木陰で、
ひと塊になって咲いていました。

撮影:2011年5月20日
場所:馬洗川せせらぎ緑道

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用