やまゆり
  • Author:やまゆり
  • 野庭の四季へようこそ
  • RSS
野庭(のば)の四季
横浜市港南区にある野庭(のば)団地の季節の移ろいを、団地の花々、大船植物園の花々、空と雲でご紹介。その他音楽関係もご紹介
FC2カウンター


ランキング参加中

クリックしてくださいね


カテゴリー

ご覧になりたい項目を
クリックしてください


ブログ内検索

お花の名前はここで検索して下さい
咲いていた場所なども検索できます その他、なんでも検索してね

検索する言葉は、その一部でも大丈夫です。その言葉を含むページを表示します。


目次(全記事表示)

全タイトルを表示


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSフィード


最近のトラックバック




お知らせ
8月27日(日)
川久保純子ロマンティックピアノVol.2
(詳細は後日お知らせします)
杉田劇場
コールのばを引き継ぐ形で誕生した
女声コーラスグループ
「プチタプチ」のチラシが新しくなりました。

参加しやすい平日の午前中
ご指導はもちろん、広濱、川久保の両先生。
お気軽にお電話でお問い合わせください。

左のサムネイルをクリックすると
大きなチラシをご覧になれます。

港南区音楽祭のコールのばの演奏をお聴きいただけます
2015年の演奏を追加しました(2015/05/31)

バラ(秋)“ストラボ・バビロン”
101042バラ・ストラボ・バビロン

バラ(薔薇)“ストラボ・バビロン”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

今日からお正月に掛けて
バビロン・シリーズを御紹介します。

バビロン・シリーズは比較的新しく
2008年に、オランダのインタープランツが作出しました。
シュラブローズに分類されています。

原種「ロサ・ペルシカ」をもとに改良されたものです。
ロサ・ペルシカは中近東から中国のウイグルにかけて生息する一季咲きのバラで、
自生地以外では花を観賞するどころか、株を維持するのも難しい品種でした。
それを改良して、日本でも露地で見ることが出来るようになりました。

ロサ・ペルシカの特徴は、中心部が赤く染まる「赤いブロッチ」ですが、
この、バビロンシリーズはその特徴を良く受け継いでいます。

今日御紹介するのは、そのシリーズの一つ、
ストラボ・バビロンです。
黄色い花びらの中心に、赤のブロッチが入るのですが、
ちょっとモデルさんが悪かったか、
花弁の色も心もとないし、ブロッチもほんのわずか。
これは、来年再挑戦、宿題としておきます。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“”ホワイト・メイディランド
101041バラ・ホワイト・メイディランド

バラ(薔薇)“ホワイト・メイディランド”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

修景用バラに分類されています。
修景用バラは、手入れが少なくても
丈夫に育つことを目的に作出された系統です。

そのため必ずしもミニバラのようなものばかりではなく
この花のように、花一つでも立派な見応えのあるものもあります。

花径は7センチくらい、
オールドローズの大輪の花のような
見事な花を咲かせます。

1986年、フランスのメイアンの作出です。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“ミラベラ”
101040バラ・ミラベラ

バラ(薔薇)“ミラベラ”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

四季咲き中輪系(フロリバンダ)の花で、
葉に光沢のある美しい黄バラです。

春の花も写してあります。
春にも美しい花を咲かせていました。
春の花はこちらです

1995年、アメリカのJ&Pの作出です。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“花房”
101039バラ・はなぶさ

バラ(薔薇)“花房”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

四季咲き中輪系(フロリバンダ)の花です。
1981年、京成バラ園芸社の作出です。
春には写していません。

ところが、この花は京成バラ園のサイトには載っていません。
どうやら、京成バラ園芸社では、栽培を止めているようです。

花フェスタ記念公園のサイトで、簡単な情報を得ることが出来ました。
早川寧彦のジオログ=「花と季節」のつぶやきというサイトに、
詳しい説明があり、その説明を継ぎ足すと
この花は、ここ大船植物園、花フェスタ記念公園
そして尼崎バラ園でしか栽培されていないようです。

赤と言うより朱赤あるいは濃いオレンジ色のすばらしい花で、
その上、フロリバンダ特有の、まさに名前のとおりの房咲き
この素晴らしい花を写すことが出来て、本当に幸運でした。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“花霞”
101038バラ・はながすみ

バラ(薔薇)“花霞”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

四季咲き中輪系(フロリバンダ)の花です。
1985年、京成バラ園芸の作出です。
大船植物園の銘板では、作出年は1984年になっていますが
ここは、作出者である、京成バラ園のサイトの記述に従いました。

春にも写しています。春の花はこちらです
春の花のときにも、言い訳をしていますが、
今回の方が、ややましな写真が撮れました。

クリーム白地にビンクが覆う、半八重咲きの花です。
上の写真で、その辺がよく分かります。
下の写真のように、フロリバンダ特有の
枝を覆うばかりの花付きです。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“パーマネント・ウェーブ”
101037バラ・パーマネント・ウェーブ

バラ(薔薇)“パーマネント・ウェーブ”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

花びらの様子を見れば名前の由縁が直ぐ分かります。
四季咲き中輪系(フロリバンダ)の初期の花で
1932年にオランダのリンダースの作出です。

春の花も写しています。春の花はこちらです。
両方とも、赤いフリルの花びらが
房咲きになって、薔薇園を華やかにしていますが、
どちらかというと、春のほうが花付がよかったように思えます。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“マチルダ”
101036バラ・マチルダ

バラ(薔薇)“マチルダ”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

四季咲き中輪系(フロリバンダ)の花です。
春の花、といっても8月の真夏に写したものを御紹介しました。
春の花はこちらです

春の花と見比べていただけるとお分かりのように、
今回の花のほうが、ピンクの部分は広く、色も濃いようです。
秋だからなのか、前が酷暑の中で写したためなのか分かりませんが、
今回は明らかにピンクっぽい花です。

花の形の良いものがなかったので、
開きかけの蕾を写して、下にアップしました。
切花にして、花束を作るのに良い頃合の開き具合ですね。

行くチャンスが少ないので、
こういう状態にめぐり合える機会も
めったにないのですが、
バラはこの位のほうが、愛らしい気もします。

1988年、フランスのメイアンの作出です。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“アルバ・メイアンディナ”
101035バラ・アルバ・メイアンディナ

バラ(薔薇)“アルバ・メイアンディナ”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

ミニチュア系(ミニチュアローズ)です。
花径は3~4.5センチと小さいのですが、
多花生で花持ちがよく、長く花を楽しめます。

下の写真のように、いちめんに咲いていました。
花の一つ一つは小さいのですが、
ガーデニングなどで、楽しめるバラです。

1987年、フランスのメイアンの作出です。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“ブルー・ライト”
101034バラ・ブルー・ライト

バラ(薔薇)“ブルー・ライト”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

四季咲き大輪系(ハイブリッドティ)の芳香種です。
春の花も御紹介しています。春の花はこちらです
日本の伊東良順氏により、1995年に作出されました。

このバラについては、
春の花のほうに比較的詳しく書きましたので
そちらを御覧下さい。
写真も春の花のほうが、よく撮れています。

いわゆる「青い薔薇」の一つです。
今回は香りもかいで見ました。
よい香りがしましたが、香についての日本語が乏しいので
なんとご説明してよいのか分かりません。
香だけは、実物で確かめないと難しいですね。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“マダム・サチ”
101033バラ・マダム・サチ

バラ(薔薇)“マダム・サチ”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

四季咲き大輪系(ハイブリッドティ)です。
柔らかな感じの純白の花ですが、
痛んでくると、そこがピンクの斑点になります。
そういう花かと思って写してきたのですが、
調べてみてビックリしました。
と言うことは、この時期では、殆んど終わりだったようです。

1984年、フランスのメイアンの作出です。
フランス大統領のミッテランが来日した際、
当時の鈴木善幸首相の婦人サチさんに送られたもので、
マダム・サチの名が付いています。
別名はWhite Success(ホワイト・サクセス)というそうです。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“サン・ガッディス”
101032バラ・サン・ガッディス

バラ(薔薇)“バラ・サン・ガッディス”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

品種名は原文では「Sun Goddess」
太陽の女神というような意味でしょうか。

四季咲き大輪系(ハイブリッドディ)の花です。
花枝が長く、強健なバラだそうです。

1994年、アメリカのJ&Pの作出です。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“マダム・ヴィオーレ”
101031バラ・マダム・ヴィオーレ

バラ(薔薇)“マダム・ヴィオーレ”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

四季咲き大輪系(ハイブリッドティ)です。
割合情報が少ないバラですが、
大船植物園には、特別に下記のような説明書きが添えられていました。

「花型が剣弁高芯で人気があり、
コンテストでもよく出品される有名な品種です。
歌手の故美空ひばりが愛し、
葬儀にも飾られました。」

1981年、伊丹バラ園の作出で
寺西菊雄氏が交配したものだと
アメリカの「Help Me Find」には記載されています。
(原文は、Bred by Kikuo Teranishi (Japan, 1981).
Introduced in Japan by Itami Rose Nursery in 1985 as 'Madame Violet'. です)

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“タイムレス '98”
101030バラ・タイムレス ’98

バラ(薔薇)“タイムレス '98”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

四季咲き大輪系(ハイブリッドティー)です。
花が上がってくるサイクルが短いので、次々と咲き、
沢山の花がいっぺんに楽しめます。
この写真でも、いくつか咲いているのが分かります。

濃いピンク色で、花の大きさも10~12センチと比較的大きく、
とても華やかな雰囲気を作ってくれます。

1996年、アメリカのJ&Pの作出で、
1997年にAARS(All-America Rose Selections)を受賞してます。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“ニコル”
101029バラ・ニコル

バラ(薔薇)“ニコル”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

四季咲き中輪系(フロリバンダ)です。
白地の縁にピンク色を帯びる素敵な花です。

ただ、上と下の写真を比べていただくとお分かりのように
白地の多い花や、ピンクの部分の多い花があるようです。

最後の手段としてお世話になっている
アメリカの「Help Me Find」というサイトには
White or white blend, pink edges.
White with a soft pink petal edge.
と記述されていました。
どうやら、色々と複雑なようです。

1987年、ドイツのコルデスで作出されました。
ただ、作出年については、1984年や1985年としているサイトが多いのですが、
ここでは、大船植物園の銘版に従いました。
また、カタカナでの読み方は「ニコール」としている場合もあります。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“ツル プリンセス・ミチコ”
101028バラ・ツル・プリンセス・ミチコ

バラ(薔薇)“ツル プリンセス・ミチコ”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

昨日御紹介したプリンセス・ミチコの枝変わりで
つるバラ系(クライミングローズ)です。

これも写した時期が悪かったのか、
ほとんど花が無く、やっとこの一枚だけを写せまあした。
本来は半八重咲きの花が、びっしりとつくのですが、
ちょっと淋しい写真になってしまいました。
花の形も良くありません。

プリンセス・ミチコ同様、
来年にはちゃんとした写真を写したいと思います。

1977年、京成バラ園芸の作出です。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“プリンセス・ミチコ”
101027バラ・プリンセス・ミチコ

バラ(薔薇)“プリンセス・ミチコ”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

四季咲き中輪形(フロリバンダ)の花です。

京成バラ園芸社のホームページの説明を引用すると
「花つきがよく、耐病性にすぐれた中輪系の銘花です。
皇太子妃時代の美智子妃殿下に捧げられたバラです。
オレンジ色と丸みを帯びた花弁のバランスがすばらしい。
つる性もあります。」
とのことですが、写した時期が悪かったのか、
余りいい花はありませんでした。

本来、半八重咲きで、花弁数も10~15枚とのことですが、
それほど多くありませんでした。

春のときは、花が終わってしまっていて写せませんでした。
来年こそは、春・秋共に、しっかり写して来たいと思います。

1966年、イギリスのディクソンの作出です。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“ロイヤル・プリンセス”
101026バラ・ロイヤル・プリンセス

バラ(薔薇)“ロイヤル・プリンセス”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

春の花も写しました。こちらです
秋のこの花のほうが、黄色が濃いようです。

四季咲き大輪系(ハイブリットティー)で、
アンティークタッチのバラです。
敬宮愛子内親王殿下に捧げるバラとして、
2002年、フランスのメイアンで作出されました。

春の花のほうに、
もう少し細かい感想などが書かれていますので
ぜひ御覧下さい。
春の花は正面から写しています。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“たそがれ”
101025バラ・たそがれ

バラ(薔薇)“たそがれ”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

四季咲き中輪系(フロリバンダ)です。
春にも写しています。春の花はこちらです
今度の花は、春と違い開ききっていない状態、
それも春のようには群生していませんでした。

1970年に、栃木県佐野市の小林森治氏により作出されました。
春の花のところにもう少し書いてありますので、
ご興味がありましたら、そちらを御覧下さい。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“トーナメント・オブ・ローゼス”
101024バラ・トーナメント・ローゼス

バラ(薔薇)“トーナメント・オブ・ローゼス”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

四季咲き大輪系(ハイブリットティー)です。
1989年、アメリカのJ&P社で作出されました。

春にも写しています。
そのときの写真の方が良く撮れています。
詳しいごたくも、そちらに書いてありますので、
春のバラのほうを、御覧下さい。
春の花はこちらです

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“ライラック・タイム”
101023バラ・ライラック・タイム

バラ(薔薇)“ライラック・タイム”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

四季咲大輪系(ハイブリッド・ティ)のバラです。
紫系の色のバラに区別されています。
春の花は写していないようです。

この花の色は、ちょっとピンクっぽいですが
ライラックという名が入っているので、
本当の色は、ライラックの紫をイメージしたようなものなのでしょう。
ライラックの紫も、明るい紫ですね。

1956年、イギリスのマックレディの作出です。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“ブルームーン”
101022バラ・ブルームーン

バラ(薔薇)“ブルームーン”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

春にも御紹介した青い薔薇の代表格の花です。
四季咲大輪系(ハイブリッド・ティー)です。
ちょっと、花弁が痛んでしまっているのが残念な写真ですが、
青というか紫というか、神秘的な花です。

春の花はこちらです
また、違った角度からの写真で、色も多少違っています。
写した時の光線のせいでしょう。

ドイツのタンタウの作出、1964年。
芳香種の名花です。


テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“ラベンダー・ドリーム”
101021バラ・ラベンダー・ドリーム

バラ(薔薇)“ラベンダー・ドリーム”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

修景用のバラ(シュラブ・ローズ)に分類されます。
横張り性の半蔓バラの総称のようです。

春にも写しました。春の花はこちらです。
今回は時期的によくなかったのか、
春のように華やかに展開していませんでした。
花が群生している状態は、春の写真を御覧下さい。

1985年、オランダのインタープランツの作出です。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“ミラマーレ”
101020バラ・ミラマーレ

バラ(薔薇)“ミラマーレ”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

四季咲大輪系(ハイブリッド・ティー)です。
2002年、京成バラ園芸の作出です。

春にも写しました。春の花はこちらです
春の花とは、少しイメージが違います。

この花については、京成バラ園芸のサイトから引用した詳しい説明を
春の花のときに書いてありますので、そちらを御覧下さい。
とても面白い、不思議な花です。

ちなみに、花フェスタ記念公園のサイトでは
花の色は、混色系 黄/赤(覆輪) となっています。
一言で表すとこういうことなのですが、
10月14日に写した時も、殆んど黄色の花もあり、
本当に一つの品種かと、首を傾げたくなるような花でした。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“ジャルダン・ド・バガテーユ”
101019バラ・ジャルダン・ド・バガテーユ

バラ(薔薇)“ジャルダン・ド・バガテーユ”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

四季咲大輪系(ハイブリッド・ティー)の花です。
春にも写しました。春の花はこちらです
春は、時期的に悪かったのか、花が痛んでしまっていました。
秋には、きちんと撮りますと、書いておいたのですが、
これが、秋の花です。
春の花よりは、多少まともに撮れているとは思いますが、
どうも色が違います。

秋の花は淡いクリーム色。ちなみに春は薄っすらしたピンクでした。
違う花かと心配になりましたが、
大船植物園の銘板にはジャルダン・ド・バガテーユになっています。
そこで、いつもお世話になっている花フェスタ記念公園のサイトで調べた結果
混色系(淡桃/クリーム(複色))となっていました。
この花は、色が二つあるようですね。

その他、例によってフランス語のカタカナ表記などは
春の花のほうに書いてありますので、そちらをごらん下さい。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“ヌリア・ドゥ・ルコーン”
101018バラ・ヌリア・ドゥ・ルコーン

バラ(薔薇)“ヌリア・ドゥ・ルコーン”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

オールドローズのハイブリッド・パーペチュアル系です。
成育旺盛な低木で、殆んどが四季咲きの系統だそうです。
春は咲いたのかどうか分かりませんが、写していませんでした。

この花も、Nuria de Recolons が本名です。
そのため、ヌリア・デ・レコロンスと書かれているサイトもあります。

大船植物園の銘板に従って、カタカナ名は書いておきました。
ただ、作出国は銘板では「独」となっていますが、
どうやら、スペインのドットのようです。作出年は1933年です。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“ネイジュ・パルファム”
101017バラ・ネイジュ・パルファム

バラ(薔薇)“ネイジュ・パルファム”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

白に黄色が薄っすらとのった、とても清楚で上品な花です。
その上、強い芳香を持ち、香の方で有名だそうです。
芳香性の白バラのうちでは、
五指の中に入るのではないかと言われています。

1942年、フランスのマルランの作出です。

咲き始めは中心部に黄色がのっていますが、
開ききると純白になります。

四季咲き大輪系(ハイブリッド・ティ)です。
しかし、花の大きさは小さい方で、
中輪としているサイトもありました。
春には写していなかったようです。

品種名なのですが、
原語(フランス語?)で書くと
Neige Parfum です。
これをカタカナで書き表すと微妙に異なってきます。
タイトルにあげた「ネイジュ・パルファム」は、
大船植物園の銘板に従いました。
他の所では、「ネージュ・パルファン」となっていたりして、
検索ではなかなかヒットさせるのに難しい花でした。

以前にも同じようなことがありましたが、
ここでは、原則的に大船植物園の銘版に従っておきます。



テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“シュペールバルク”
101016バラ・シュペール・バルク

バラ(薔薇)“シュペールバルク”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

四季咲き大輪系(ハイブリットティー)。
黄色に赤がのる色変わりのバラです。

春にも写しました。春の花はこちらです
春の花とは、全くイメージが違います。
春と秋の違いではなく、
花によって赤が勝っていたり
殆んど黄色だったりと、色々です。

名前の由来や意味などは、春の花の方を見て下さい。
1999年、ドイツのコルデスの作出です。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“イブ・ピアッチェ”
101015バラ・イブ・ピアッチェ

バラ(薔薇)“イブ・ピアッチェ”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

四季咲き大輪系(ハイブリットティー)ですが、
アンティークタッチのバラです。

比較的詳しい説明を、
春の花のときに書いていますので
そちらを御覧下さい。
春の花はこちらです

珍しいシャクヤク咲きの花ですが、
今回は横からの写真きり撮れませんでした。
春のほうは正面から撮ってますので、
シャクヤク咲きの特徴を、
より見ていただけると思います。

1983年、フランスのメイアンの作出です。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“パレード”
101014バラ・パレード

バラ(薔薇)“パレード”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

花フェスタ記念公園のサイトでは、
系統1としてCL、系統2としてLCLとなってます。
系統2によれば、大輪咲きのクライミング・ローズ(つるバラ)に入ります。

春の花はこちらです
春の記事では中輪としてありますが、
どちらとも取れる大きさです。

濃いピンク色(カーマインピンク)の花は
華やかで存在感があります。
実際の大きさより、大きく見えるかもしれません。

1953年、アメリカのバーナーの作出です。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

バラ(秋)“モニカ”
101013バラ・モニカ

バラ(薔薇)“モニカ”
(バラ科)
撮影:2010/10/14
場所:大船植物園

四季咲き大輪系(ハイブリットティー)の花です。
春に咲いた花はこちらです

1988年、ドイツのタンタウの作出です。

ハイブリッド・ティにしては花は小振りですが
色が鮮やかなのでとても目立ちます。
とはいっても、この写真、色にちょっとむらがありますね。
春の花のほうが、よい写真が撮れています。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用