やまゆり
  • Author:やまゆり
  • 野庭の四季へようこそ
  • RSS
野庭(のば)の四季
内容をリニューアルし、手持ちの花の写真と季節の叙情歌のコラボをお送りします。併せて音楽関係の情報も。
FC2カウンター


ランキング参加中

クリックしてくださいね


カテゴリー

ご覧になりたい項目を
クリックしてください


ブログ内検索

お花の名前はここで検索して下さい
咲いていた場所なども検索できます その他、なんでも検索してね

検索する言葉は、その一部でも大丈夫です。その言葉を含むページを表示します。


目次(全記事表示)

全タイトルを表示


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSフィード


最近のトラックバック




お知らせ


港南区音楽祭のコールのばの演奏をお聴きいただけます
2015年の演奏を追加しました(2015/05/31)



ローズ・ゼラニウム
0505062ローズゼラニウム

ローズ・ゼラニウム
(フウロソウ科)
撮影:2005/5/12
場所:すずかけ通り東側駐車場脇の花壇

ローズ・ゼラニウムはハーブの仲間なのですね。

葉にバラのような芳香があるそうです。
乾燥させても芳香が残るので、
ポリプやフラワーティーにしたり、
葉や花を使ったお菓子作りも出来るそうです。

ハーブについてはとんと疎いので、
幾つかのサイトからの引き写しです。



テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

キンギョソウ
0505061キンギョソウ

キンギョソウ(金魚草)
(ゴマノハグサ科)
別名:スナップドラゴン、アンチリナム
撮影:2005/5/12
場所:すずかけ通り東側駐車場脇の花壇

花の形が、水中を泳ぐ金魚のような所から
名付けられた名前です。

沢山の花が密集して咲くので、
離れた所からでも目に付きます。

花の色も白、黄、桃、橙、赤、紫紅など
沢山あります。
下の写真の白が一寸黄色っぽい色も
花が密集するだけに、鬱陶しくなくていいですね。



テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ヒメフウロ
0505060ヒメフウロ

ヒメフウロ(姫風露)
(フウロソウ科)
別名:シオヤキソウ(塩焼草)
撮影:2005/5/12
場所:すずかけ通り東側駐車場脇の花壇

ヒメフウロは
滋賀県伊吹山,岐阜県,三重県,徳島県剣山などの
石灰岩地に生えるとのことですが、
この花は、上記のとおり、植栽でした。
園芸品種があるのかもしれません。

ヒメフウロとして売られているものに
もう一つあるようです。
こちらは、すでにご紹介したベニバナヒメフウロ
葉の形が違うのと、匍匐性であることで
区別することができます。


テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ビオラ
0505059ビオラ

ビオラ
(スミレ科)
撮影:2005/5/12
場所:すずかけ通り東側駐車場脇の花壇

パンジー(三色スミレ)の小型のものです。
花の径が3、4cm以下のものをビオラと呼ぶようです。
でも、一目見ると、パンジーかビオラかはすぐ分かります。

それよりも、ビオラがこぼれ種で、ポツンと野生化して咲いていると、
見慣れないスミレだと喜んでしまう、こんな間違いをしてしまいます。

パンジーと同様に、野庭団地の花壇やプランターでは、
おなじみの花です。


テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

アイスランド・ポピー
0505058ポピー

アイスランド・ポピー
(ケシ科)
撮影:2005/5/12
場所:すずかけ通り東側駐車場脇の花壇

日本で栽培されているポピーは
アイスランド・ポピー、ヒナゲシ(虞美人草)、
オリエンタル・ポピー(オニゲシ)がありますが、
花の大きさや姿から見て、
アイスランド・ポピーでしょう。

群生すると素晴らしい景色になるのですが、
野庭団地では、せいぜいこの位です。
それでも、風に揺れる花は、目を楽しませてくれます。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ムシトリナデシコ
0505057ムシトリナデシコ

ムシトリナデシコ(虫取撫子)
(ナデシコ科)
別名:ハエトリナデシコ(蠅取撫子)
撮影:2005/5/10
場所:すずかけ通り東側駐車場脇の花壇

変わった名前ですが、食虫植物ではありません。
しかし、上部の節から粘液を出し、
虫が捕まることがあることから、
この名が付いたとのことです。

効果的な受粉に寄与しない、
下から登ってくる蟻などを防ぎ、
花の蜜を、効果的な受粉に寄与してくれる
上から飛んでくる蝶などにだけ与えるためのようです。

花も賢いものですね。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ストエスカ・ラベンダー
0505056ストエスカ・ラベンダー

ストエスカ・ラベンダー
(シソ科)
別名:イタリアン・ラベンダー,フレンチ・ラベンダー,
スパニッシュ・ラベンダー
撮影:2005/5/10
場所:すずかけ通り東側駐車場脇の花壇

またまたストエスカラ・ベンダーです。
前にご紹介したものは、
苞葉が兎の耳のように長いものでしたが、
今回のは慎ましいものです。

ストエスカ系のラベンダーは種類が多く、
なかなか分かりませんが、
ラベンダーのサイトで調べた結果、
これは、スーパーサファイアブルーに似ていました。
しかし自信はありません。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

イキシア
0505055イキシア

イキシア
(アヤメ科)
別名:ヤリズイセン(槍水仙)
撮影:2005/5/10
場所:すずかけ通り東側駐車場脇の花壇

別名のように、長い花茎に連なって花をつけます。
花の色も形も沢山あります。
上の写真も下の写真もイキシアです。

南アフリカ原産ですが、
野庭団地でも花壇の定番です。
球根で増えて、丈夫なのでしょう。
毎年同じ所で同じ花が咲いています。


テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

コールのば演奏会記録
2001年以降の演奏会の記録です
【READ MORE】をクリックしてください

[READ MORE...]

テーマ:コーラス - ジャンル:趣味・実用

モッコウバラ
0505054モッコウバラ

モッコウバラ(木香薔薇)
(バラ科)
撮影:2005/5/10
場所:すずかけ通り東側駐車場脇の花壇

野庭団地では、
沢山のバラが咲いています。
それを一々ご紹介するのも大変なので、
そのうちの一つだけ・・・

モッコウバラは常緑のつる性の低木です。
フェンスなどに絡んで延びていますが、
この花も駐車場との境の金網に絡んでいました。

2~3センチの小さな花ですが、房状で咲きます。
それで、この写真のように、花束のような美しい姿になります。

バラなのに棘がありません。
そのため扱いやすいのだそうですが、
香も無いそうです。(名前と違いますね。)



テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

シャクナゲ
0505053シャクナゲ

シャクナゲ(石楠花)
(ツツジ科)
撮影:2005/5/10
場所:迎陽隧道手前の民家

シャクナゲは、深山に自生する
アズマシャクナゲ(東石楠花)が神秘的なのですが、
今では、園芸種が多く開発され、
野庭団地の中でも、簡単に見ることが出来ます。

花の色も大きさもさまざまです。
これが石楠花かとびっくりするような大きさの花もあります。
多分、セイヨウシャクナゲなのでしょう。
後日ご紹介します。

この写真の花は、民家の塀越しに写しました。
塀を越すほどの高い木に、
上品な色と大きさで咲いていました。


テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

カンパニュラ
0505052カンパニュラ
カンパニュラ
(キキョウ科)
別名:フウリンソウ(風鈴草)、ベルフラワー、
ツリガネソウ(釣鐘草)
撮影:2005/5/10
場所:旧野庭高校裏の畑

カンパニュラというのは、
キキョウ科カンパニュラ属の総称のようです。
カンパニュラ・***というのが沢山あります。

でも、やはりこの花が代表なのでしょう。
いかにもカンパニュラではないですか。
ただ、なぜか横を向いたり、上を向いたり・・・

フウリンソウ、ツリガネソウ等
いろいろな名前でも呼ばれる
華やかな咲き姿です。


テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

タチカタバミ
0505050タチカタバミ
タチカタバミ(立ち片喰)
(カタバミ科)
撮影:2005/5/10
場所:馬洗川せせらぎ緑道

以前ご紹介したカタバミは匍匐性で、
地面に這うように茎を伸ばして咲きますが、
この花は、茎が真っ直ぐに立って咲いていました。
カタバミの変種だそうです。

茎が真っ直ぐに立ち上がる他は
カタバミとあまり変わりはないようです。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ヘラオオバコ
0505049ヘラオオバコ

ヘラオオバコ(箆大葉子)
(オオバコ科)
撮影:2005/5/10
場所:遊水池・緑道

注意していると、野庭団地では、
結構見かける野草です。

全体像の写真がないので
お世話になっている「植物園へようこそ!」で見て下さい。
他の野草の中で咲いていると、
やっぱり見落としてしまうような全体像です。

一寸変わった形で、
じっと見ていると、なかなか楽しい花です。



テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

アサツキ
0505051アサツキ

アサツキ(浅葱)
(ユリ科)
別名:カタカナ(漢字)
撮影:2005/5/10
場所:旧野庭高校裏の畑

薬味に使われるアサツキの花です。
収穫されずに、畑に残ったものが
こんな美しい花を咲かせてくれたのです。

アサツキのネギ坊主なのです。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

コケモモカマツカ
0505048コケモモカマツカ

コケモモカマツカ(苔桃鎌柄)
(バラ科)
別名:ハイシダン(這いシダン)
撮影:2005/5/10
場所:遊水池・緑道

写した後なかなか名前がわからなかったものです。
ネットにも余り情報はありません。
地面を這うように延びて、写真ように白い花が咲きます。

秋には赤い実がなるとのことです。
この実を観賞するために、盆栽仕立てにされることが多いようです。


【今日のニュース】
遊水池の周りの緑道で
ノカンゾウが満開でした。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ナツトウダイ
0505047ナツトウダイ

ナツトウダイ(夏灯台)
(トウダイグサ科)
撮影:2005/5/10
場所:遊水池・緑道

以前ご紹介したトウダイグサの仲間です。
葉の脇から枝を出して杯状花序をつけます。
オレンジ色のところが花で、
下の丸いところが将来実になる子房といわれるものです。

トウダイグサと同じように、
一寸変わっているので、すぐに覚えられます。

しかし、春咲くのに、何故「夏」トウダイなんでしょうね。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ヤエムグラ
0505046ヤエムグラ

ヤエムグラ(八重葎)
(アカネ科)
撮影:2005/5/10
場所:馬洗川せせらぎ緑道
 
いたるところに繁茂し、
葉や茎に小さな棘があって、
足を踏み入れると、べとべとと纏わり付きます。

あんまり感じの良い草ではないのですが、
こんな小さな花を咲かせます。
1ミリくらいの花ですが、
一生懸命咲いているのを見ると
愛おしくもなります。

当然この後結実しますが
実も、とっても可愛いので後日ご紹介します。

踏んでも、抜かれても健気に生きるこういう野草も
光合成をして、CO2の削減に、いささかなりとも貢献しているのです。
そう思うと、疎かには出来ません。
邪魔にならない所で、頑張って貰いましょう。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

キソケイ
0505045キソケイ

キソケイ(黄素馨)
(モクセイ科)
撮影:2005/5/10
場所:市道・上郷~舞岡線

ソケイ(素馨)というのは、ジャスミンのことだそうです。
黄色くて、ジャスミンに花が似ているので、キソケイです。

ハゴロモジャスミンをご紹介してありますので、比較してみて下さい。
確かに花は似ていると言えば似ていますね。
多少の芳香はあるとしているサイトもありますが、
香には気づきませんでした。

毎年美しく咲いています。


テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

タツナミソウ(白)
0505044タツナミソウ(白)

タツナミソウ(立浪草)・白花
(シソ科)
撮影:2005/5/10
場所:第十二管理組合の花壇

白いタツナミソウです。
紫色のタツナミソウはご紹介しましたが、
真っ白な花もありました。

花壇で見つけたので自生ではありません。
前にタツナミソウをご紹介したときにも書いたのですが、
道端だとかで、今年は随分タツナミソウを見ました。
しかし、全て紫色。白花が野草化しているのには
お目にかかれませんでした。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ストエスカ・ラベンダー
0505043ストエカス・ラベンダー

ストエスカ・ラベンダー
(シソ科)
別名:イタリアン・ラベンダー,フレンチ・ラベンダー,
スパニッシュ・ラベンダー
撮影:2005/5/9
場所:第十二管理組合の花壇

ストエスカ・ラベンダーと一口に呼ばれていますが、
正しくは、ストエスカ系のラベンダーです。
丸みのある花穂の先端に、
兎の耳のような、苞葉というものが付いています。

更に細かく分かれて名前が付いていますが、
そこまでは確信を持って、同定することは出来ません。

香りはあまりありません。無いと言ったほうがよいようです。
ラベンダーといっても、色々な種類があります。

今年は、第二管理組合の中でも、
群れをなして咲いていました。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

シラン(白)
0505042シラン(白)

シラン(紫蘭)・白花
(ラン科)
撮影:2005/5/8
場所:第十二管理組合の花壇

6月9日にシランをご紹介しましたが、
そのとき後日ご紹介しますと書いておいた
シランの白花です。

紫色の蘭だから「紫蘭」なのに・・・
という嘆きもあるかと思いますが、
園芸種では、色々な色が作られてゆきます。

真っ白なシランも
すっきりとした美しさで素敵でした。


テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ソシンロウバイ(実)
0505041ロウバイ(実)

ソシンロウバイ(素心蝋梅)・実
(ロウバイ科)
撮影:2005/5/8
場所:ゆりのき通り~馬洗川間坂道

一月の終りに艶のある黄色い花を咲かしていた
ソシンロウバイに実がなりました。

名前の通り、蝋のような輝きのある花で
見る人を楽しませてくれたのですが、
実のほうは見向きもされません。

梅の字が入っていますが、
梅とは種類は違いますので、
食用にはならないようです。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

シャリンバイ
0505040シャリンバイ

シャリンバイ(車輪梅)
(バラ科)
別名:ハナモッコク(花木斛)
撮影:2005/5/8
場所:ゆりのき通り~馬洗川間坂道

シャリンバイは野庭団地には沢山植えられていますが、
これほど綺麗に纏まって花を付けている木には
なかなか出会えません。

一箇所から沢山出る枝が、車軸のように見えて、
花がウメに似ているのでこの名が付けられたそうですが、
カタカナでの表示だけしか知らなかった頃は、
外国語の名前だとばかり思っていました。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ヤマボウシ
0505039ヤマボウシ

ヤマボウシ(山法師)
(ミズキ科)
別名:ヤマグワ(山桑)
撮影:2005/5/8
場所:ゆりのき通り~馬洗川間坂道

今頃ヤマボウシ?と言われてしまいそうですが、
写したのは5月上旬、ご紹介が遅れているのです。
それ程、春から初夏に掛けては
いっせいに花が開きます。
まるで野庭団地植物園です。

ヤマボウシに良く似たハナミズキより
約一月遅れて咲きます。

咲くといっても、ハナミズキと同じで、
花びらのように見える白い所は総苞で、
真ん中の丸い所に小さな花が咲きます。
この写真では、まだ硬いようですね。

ハナミズキと並んで、
最近ではヤマボウシも
あちらこちらで見ることが出来るようになりました。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ノイバラ
0505038ノイバラ

ノイバラ(野いばら)
(バラ科)
別名:ノバラ(野薔薇)
撮影:2005/5/8
場所:すずかけの郷の下

いわゆる野薔薇です。
花は数センチの一重で、園芸種の豪華なバラとは違って、
いたって素朴な花です。

つる性なので、引っかかる所を見つけて伸びてゆきます。
枝には棘があるので、うかつに触ると痛い思いをします。

この花は、すずかけの郷の下にある民家の
金網に絡み付いていたのですが、
野庭団地では、遊水池の緑道や
馬洗川せせらぎ緑道などでも咲いています。


テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

マーガレット
0505037マーガレット

マーガレット
(キク科)
別名:オタマギク(お玉菊),モクシュンギク(木春菊),
キダチカミルレ(木立かみるれ)
撮影:2005/5/8
場所:F棟東

春の花壇の定番、マーガレットです。
たまたま、F棟の東側の緑道で
群れて咲いていたので写してきました。

花壇だけでなく、プランターにもよく植えられて咲いています。
色も白だけでなく、黄色やピンクなど沢山あります。
一重だけでなく、八重咲きのものもあります。

ということで、春先の野庭団地に溢れています。


テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ハクチョウゲ
0505036ハクチョウゲ

ハクチョウゲ(白丁花)
(アカネ科)
撮影:2005/5/8
場所:F棟東

ハクチョウゲは、丈夫で手入れも簡単、
刈り込みにもよく耐える常緑樹なので、
野庭団地の緑道の縁に、沢山植えられています。

たまたまこの花は、F棟の東側の緑道で写しましたが、
ここに限ることはありません。どこにでもあります。

背の低い木なので、目立ちません。
でも、こんな可愛い花が咲きます。
花期は長いのですが、
真っ白に木を覆うように咲くこともありません。
いつでもちらりほらりと咲いています。

奥ゆかしくて、地味な花ですが、
じっくり見るとその魅力に取り憑かれます。
真ん中に、薄い紅い筋のある花も素敵です。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ドイツスズラン
0505035スズラン

ドイツスズラン(独逸鈴蘭)
(ユリ科)
撮影:2005/5/8
場所:関東学園幼稚園(上)、第二管理組合内(下)

おなじみのスズランです。
園芸種のスズランは、ほとんどがドイツスズランとのことです。
多分、この二枚もドイツスズランでしょう。

ドイツスズランは、花が葉と同じ高さかそれより上で咲き、
日本古来のスズランは、葉陰にそっと咲くとのことです。

上の写真の花は、葉に隠れるようにして咲いていましたが、
花の付き具合から、やはりドイツスズランでしょう。
関東学園幼稚園の構内ですが、
道路際の築山で毎年咲いています。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ニセアカシア
0505034ニセアカシア

ニセアカシア(贋アカシア)
(マメ科)
別名::ハリエンジュ(針槐)
撮影:2005/5/6
場所:第二管理組合内

コーラスの練習に行くときに、
中央公園の脇の緑道で、
ニセアカシアの香りに気づきました。
大きな木があり、白い花房が垂れていました。

この写真はそれとは違い、
第二管理組合の緑道に登る坂道の所にある
小さな木に咲いた花です。
そうでもなければ、こんなに大きく花を写すことが出来ません。
それ程、中央公園の木は大きな木なのです。

贋アカシアというので、贋でないアカシアがあるのかと思っていました。
でも、アカシアというのは、アカシア属の総称だそうです。

いつも参考にさせていただいている「植物園へようこそ!」では、
アカシアはエンジュ(槐)のことで、
ニセアカシアには針が有り、
そのためハリエンジュ(針槐)という別名があるそうです。

ニセアカシアはネムノキ科としているサイトもありますが、
「植物園へようこそ!」に合わせて、マメ科にしました。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用