やまゆり
  • Author:やまゆり
  • 野庭の四季へようこそ
  • RSS
野庭(のば)の四季
内容をリニューアルし、手持ちの花の写真と季節の叙情歌のコラボをお送りします。併せて音楽関係の情報も。
FC2カウンター


ランキング参加中

クリックしてくださいね


カテゴリー

ご覧になりたい項目を
クリックしてください


ブログ内検索

お花の名前はここで検索して下さい
咲いていた場所なども検索できます その他、なんでも検索してね

検索する言葉は、その一部でも大丈夫です。その言葉を含むページを表示します。


目次(全記事表示)

全タイトルを表示


リンク

このブログをリンクに追加する


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSフィード


最近のトラックバック




お知らせ


港南区音楽祭のコールのばの演奏をお聴きいただけます
2015年の演奏を追加しました(2015/05/31)



ミツバツツジ
050419ミツバツツジ

ミツバツツジ(三葉躑躅)
(ツツジ科)
撮影:2005/4/9
場所:遊水池・緑道

遊水池の周りに数本のミツバツツジがあります。
小さな木です。
葉が出る前に花をつけるのですぐ分かります。

花が終わる頃に、葉が出てきます。
葉が枝先に三枚つくことからこの名があります。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ヨコハマヒザクラ
050418ヨコハマヒザクラ

ヨコjハマヒザクラ(横浜緋桜)
(バラ科)
撮影:2005/4/8
場所:遊水池・緑道

3月24日にご紹介したソメイヨシノの写真⑥、
遊水池を取り囲む桜並木の間に、
一本だけ、ひときわ紅い桜が咲きます。

ほぼ等間隔に植えられているソメイヨシノの間に
割り込むようにして鮮やかな花をつけています。

兼六園熊谷と寒緋桜を交配し、横浜の園芸家がつくり、
昭和60年に登録された品種です。
ただ名札がついていないので、間違っているかもしれません。


テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

シャガ
050417シャガ

シャガ(著莪または射干)
(アヤメ科)
別名:コチョウカ(胡蝶花)
撮影:2005/4/8
場所:ゆりのき通り~馬洗川間坂道

ゆりのき通りから馬洗川に降りてゆく道の
オオモミジの下で咲いていました。
木陰の薄暗い所に、
そこだけ光が当たっているようでした。

「美人薄命」というか、一日花です。
開花した翌日にはしぼんでしまいます。
種も作らず、といって球根でもありません。
地下茎で繁殖してゆきます。

昔々中国から渡来したといわれていますが、
種も球根もないのに、どのようにして持ってきたのでしょうか。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

クサイチゴ
050416クサイチゴ

クサイチゴ(草苺)
(バラ科)
撮影:2005/4/8
場所:馬洗川せせらぎ緑道

ヤマブキの花のそばで咲いていました。
白いヤマブキかと思ったのですが、
枝に刺があります。
調べた結果、クサイチゴだと分かりました。

赤い実がなり、食べられるそうです。
注意していたのですが、実を見つけることは出来ませんでした。

シロヤマブキというのもあります。後日ご紹介します

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

オニタビラコ
050415オニタビラコ

オニタビラコ(鬼田平子)
(キク科)
撮影:2005/4/8
場所:G棟内

この花は、たまたまG棟で写しましたが、
野庭団地の何処にでも咲いています。
お馴染みの野草です。

鬼と名が付いていますが、
ご覧のとおり可愛い花です。
春の七草のホトケノザ(タビラコ)より大きいので、
鬼という名を貰ってしまいました。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ハナビシソウ
050414ハナビシソウ

ハナビシソウ(花菱草)
(ケシ科)
別名:カリフォルニア・ポピー
撮影:2005/4/8
場所:交番の周囲

カリフォルニア原産なので、
カタカナの名はカリフォルニア・ポピーです。
カリフォルニアの州花だそうです。
和名は花が花菱紋に似ているためです。

春の日差しの中で、ダイダイ色の4弁の花が揺れています。
最近は、ダイダイ色の他、
クリーム色やピンクのものもあるようです。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

カラー
050413カラー

カラー
(サトイモ科)
別名:カイウ(海芋)
撮影:2005/4/8
場所:交番の周囲

おなじみの花です。
南アフリカ原産で、
江戸時代末期にオランダから渡来したとのことです。

白い花のように見えるものは苞で、
花は真ん中の黄色い部分に密集しています。

白が基本のようですが、
最近では沢山の色があります。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ソメイヨシノ(サクラ)
050412ソメイヨシノ

ソメイヨシノ(染井吉野)
(バラ科)
撮影:2005/4/8
場所:
①第二管理組合内(四号棟北側)
②第二管理組合内(集会所前)
③第二管理組合内(五号棟南側)
④馬洗川脇の畑
⑤馬洗川せせらぎ緑道
⑥遊水池・緑道

サクラが満開になりました。
撮影した2005年は、サクラの開花が遅く、
やっと4月8日に、ご覧のような満開になりました。

野庭団地にはサクラの樹が沢山植えられています。
ここに掲げた場所以外にも、見所は沢山あります。
しかし、⑥の遊水池のほとりが一番でしょう。
遊水池に掛かるウッドデッキに敷物を敷き
お花見をしている姿をよく見かけます。


テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

カタバミ
050411カタバミ

カタバミ(片喰)
(カタバミ科)
撮影:2005/4/6
場所:第二管理組合内

咲いていた場所が第二の敷地内だなどと
わざわざ断らなくてもよいほど、どこにでもある野草です。
うっかりすると、ベランダの植木鉢にもはびこってきます。

ハート型の三つ葉を持つのですぐに分かります。
緑地の整備の時にずいぶん抜くのですが、
いつの間にか広がっています。
生命力の強い花です。

葉や茎に蓚酸を含むので噛むと酸っぱいです。
種はロケット型の莢に包まれていて、
指で刺激すると、はじけて中の種を飛ばします。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

アオキ(雌花)
050410アオキ(メバナ)

アオキ(青木)・雌花
(ミズキ科)
撮影:2005/4/5
場所:馬洗川せせらぎ緑道

以前早々と咲いていた時期外れの雄花をご紹介しました。
比べていただくと分かりますが、
この写真の花は雄しべが無くて、
真ん中に雌しべがあります。

雌雄異株ですから、
実がなった木を覚えておけば
雌花を見つけるのはそれほど難しくありません。

せせらぎ緑道の西の端にある
斑入りのアオキの花です。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

トウダイグサ
050409トウダイグサ

トウダイグサ(灯台草)
(トウダイグサ科)
撮影:2005/4/5
場所:馬洗川せせらぎ緑道

トウダイグサは杯状花序を持ちます。
写真でも分かるように
杯状の総苞の中に花があります。
これが皿に菜種油を入れた灯明を置く台に似ているので
この名がつけられています。

ほぼ全体が緑なので、
他の草にまぎれて目に付きませんでした。
しかし、一度分かってしまうと、
独特な形なので、見間違えることはありません。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ユキヤナギ
050408ユキヤナギ

ユキヤナギ(雪柳)
(バラ科)
別名:コゴメヤナギ(小米柳)
撮影:2005/4/5
場所:馬洗川脇の畑

よく撓る枝に白い花がびっしりと咲きます。
離れてみると、雪が積もっているよう、
もう少し近づくと、花の噴水のようです。
そして、グッと近づくと、下の写真のような可愛い花の集合です。

この季節、野庭団地とその周辺でよく目にします。
この写真のように、何処に咲いていても、
すぐ見つけることが出来ます。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

トサミズキ
050406トサミズキ

トサミズキ(土佐水木)
(マンサク科)
撮影:2005/4/3
場所:ゆりのき通り~馬洗川間坂道

以前ご紹介したヒュウガミズキと近縁で、
やや遅れて咲きます。
といっても、野庭での話し。
トサミズキのほうが早い所もあるようです。

ヒュウガミズキに比べ、花の房が長く、
花も密につくようです。

野庭団地とその周辺には
トサミズキが何本かありますが、
この樹が一番びっしりと花をつけていました。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ダッチアイリス
050405ダッチアイリス

ダッチアイリス
(アヤメ科)
別名:オランダアヤメ(阿蘭陀菖蒲)
撮影:2005/4/3
場所:第四管理組合西側の緑道

別名球根アイリスとも呼ばれ、球根で増えます。
ヨーロッパや北アフリカの自生種を交配して、
20世紀初めにオランダで生まれた園芸種だそうで、
それでダッチアイリスなのです。

後日ご紹介するジャーマンアイリスと比べると、
全体的に繊細な感じです。

野庭団地の花壇では、よく目にすることが出来ます。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

イヌシデ
050407イヌシデ

イヌシデ(犬四手)
(カバノキ科)
別名:シロシデ(白四手),ソロ
撮影:2005/4/2
場所:G棟西の緑道

紅葉をご紹介した、イヌシデの花です。
紅葉はチビッコ公園の木でしたが、
これはG棟の西側の遊歩道で撮影しました。

雌雄同株です。
大きく垂れ下がっているのが、雄花の花序で、
はたきみたいにぶら下っているのが、雌花です。
雌花は葉と共に展開してゆきますが、
よく見ると、若葉の間に僅かに顔を覗かせています。

イヌシデの幹は灰色で、縦縞の皺があるので、
すぐ見分けることが出来ます。
野庭団地の緑道には、色々な所に植えられています。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

トキワハゼ
050404トキワハゼ


トキワハゼ(常盤櫨)
(ゴマノハグサ科)
撮影:2005/4/2
場所:馬洗川脇の畑

トキワハゼの記述に、
道端、空き地、畑の縁などでよく見かける野草とあります。
確かに、畑の縁で見つけましたが、
よく見かけるというのは、野庭では当てはまらないようです。

この写真を写した時には、
レア物と思って喜んだのですが、
あちらこちらに、沢山咲いているようです。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ノボロギク
050403ノボロギク

ノボロギク(野襤褸菊)
(キク科)
撮影:2005/4/1
場所:旧野庭高校裏の道端

道端などに普通に見かける地味な野草です。
花は筒状花で、これ以上開きません。
花期は春ということになっていますが、
春から秋まで、ほぼ一年中咲いています。

野に咲いて、花の後に出来る綿毛が
襤褸のように見えることから名前が付きました。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

フラサバソウ
050402フラサバソウ

フラサバソウ(フラサバ草)
(ゴマノハグサ科)
撮影:2005/4/1
場所:馬洗川せせらぎ緑道

フラサバソウ、ちょっと変った名前です。
明治初年に、これを長崎で採集した
二名のフランスの植物学者の名前から付いたそうです。

以前ご紹介したオオイヌノフグリに似ていますが、
もっと小さい4ミリ位の花です。
毛が多く、花を正面から見ると花弁が基部でつながっています。

馬洗川の湧き水の池のほとりに咲いていました。
沢山咲いているオオイヌノフグリに紛れて、
見落としてしまいそうな可憐な花です。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

スイセン(エルリッチャー)
050401スイセン(エルリッチャー)

スイセン(水仙)
(ヒガンバナ科)
撮影:2005/4/1
場所:すずかけ通り東側駐車場脇の花壇

スイセンには沢山の品種がありますが、
この花は八重のスイセンです。
スイセンの品種を紹介しているサイトで調べた所
エルリッチャーという品種のようです。

野庭団地の花壇では、
ニホンスイセンを初め沢山のスイセンが咲きます。
一回りすると、思いがけないスイセンにめぐり会えます。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

フリージア
050351フリージア

フリージア
(アヤメ科)
別名:アサギズイセン(浅黄水仙)
撮影:2005/3/31
場所:第二管理組合内

春の花壇の定番の一つです。
フリージアというと黄色い花を思い出しますが、
赤、白、紫など色も豊富です。
切花にもなり、目を楽しませてくれます。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ゴヨウアケビ
050350ゴヨウアケビ

ゴヨウアケビ(五葉木通)
(アケビ科)
撮影:2005/3/31
場所:第二管理組合内

誰が植えたのか、
第二管理組合の中を貫く緑道の法面に、
ゴヨウアケビの小さな木があります。
その木に花が咲きました。

雌雄同株です。
この花は雌花のようですが、よく分かりません。
蜜を出さないので、
どのようにして受粉するのかも
分かっていないそうです。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

シロバナタンポポ
050349シロバナタンポポ

シロバナタンポポ(白花蒲公英)
(キク科)
撮影:2005/3/31
場所:第二管理組合内

名前の通り白い花が咲くタンポポです。
もちろん在来種です。

この花を最初に見た時はびっくりしましたが、
西の方では白いタンポポは珍しくないそうです。
それでも、セイヨウタンポポに押されて少なくなっているようです。
幸い、野庭ではまだあちらこちらで見ることが出来ます。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ジュウガツザクラ(春の花)
050348ジュウガツザクラ

ジュウガツザクラ(十月桜)
(バラ科)
撮影:2005/3/31
場所:ゆりのき通り~馬洗川間坂道

10月から12月にかけてと
3月下旬から4月上旬の
年に2回咲くジュウガツザクラです。

秋の花は以前ご紹介しました。
寒い冬を越した後、また健気にも咲いているのです。
しかし、春は桜が多い季節。
密に花をつけることのないジュウガツザクラは
何となく寂しそうです。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ヒサカキ
050347ヒサカキ

ヒサカキ(姫榊)
(ツバキ科)
撮影:2005/3/31
場所:野庭神社隣

この花が咲いていると香りですぐ分かります。
以前ハマヒサカキをご紹介しましたが、
小さなツバキのような花は同じようです。

ハマヒサカキが冬咲くのと違って、
ヒサカキは春に咲きます。

馬洗川の湧水の池の所にも
かなり大きな木があります。

ヒサカキ、ハマヒサカキ共、乾燥に強い木だそうです。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

コブシ
050346コブシ

コブシ(辛夷)
(モクレン科)
撮影:2005/3/31
場所:B棟内

昨日ご紹介したハクモクレンと同じ頃に咲きます。
ハクモクレンと比べるとちょっと淋しい花です。

野庭団地ではよく見かけます。
野庭団地を貫く市道「上郷~舞岡」線の
清水橋の交差点近くに街路樹として植えられています。

白い花が連なって咲いていると見事なものです。
コブシが終わると、いよいよソメイヨシノが咲き始めます。



テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ハクモクレン
050345ハクモクレン

ハクモクレン(白木蓮)
(モクレン科)
撮影:2005/3/30
場所:G棟内

前にF棟で咲いていたモクレンをご紹介しましたが、
それに続いて、緑道を隔てた隣のG棟で
ハクモクレンが咲きました。

モクレン(シモクレン)の白花と思われがちですが、
厳密には違う種類だということです。
葉が出る前に、白一色で咲き誇るさまは、
シモクレンと違った美しさです。

似た花にコブシがあります。
こちらは明日ご紹介します。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ヤブラビラコ
050344ヤブタビラコ

ヤブタビラコ(藪田平子)
(キク科)
撮影:2005/3/30
場所:馬洗川せせらぎ緑道

この花を見つけた時は、
春の七草の一つ「タビラコ(ホトケノザ)」だと思いました。
しかし、タビラコは無毛とのこと、
こちらには全体に毛が生えています。
ということで、ヤブタビラコだと分かりました。

花は意外に小さく、1センチ弱くらいです。
湿った所を好むので、
馬洗川の湧水の池の周りではよく見かけます。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

ムラサキケマン
050343ムラサキケマン

ムラサキケマン(紫華鬘)
(ケシ科)
別名:ヤブケマン(藪華鬘)
撮影:2005/3/30
場所:馬洗川脇の畑

紫色のケマンソウということで、ムラサキケマンです。
ケマンとは仏殿の装飾に使う仏具のことですが、
花が群がって垂れ下がっている様が似ているのだそうです。

ちょっと変わった花で、レアものかとも思ったのですが、
ごく一般的な野草のようです。
その後注意していると、特に馬洗川の岸辺ではよく見かけました。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

プリムラ・ポリアンサ
050342プリムラ・ポリアンサ

プリムラ・ポリアンサ
(サクラソウ科)
セイヨウサクラソウ(西洋桜草)、クリンサクラ(九輪桜)
撮影:2005/3/30
場所:交番の周囲

この写真は3月の下旬に写したのですが、
今の季節から、あちらこちらで咲いています。
花屋さんにも、鉢植えが沢山あります。

プリムラはサクラソウ科サクラソウ属の園芸種を表し、
まとめて西洋桜草として、多くの種類があります。

この花は、多分その中のプリムラ・ポリアンサだと思いますが、
違っているかもしれません。



テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

アンズ
050341アンズ

アンズ(杏)
( バラ科)
別名:カラモモ(唐桃)
撮影:2005/3/27
場所:遊水池・緑道

アンズの樹はサクラによく似ています。
サクラよりやや早く咲きます。

ゆりのき通りから馬洗川に降りる坂道にもアンズの樹があります。
この樹には名札が付いているので分かります。
アンズはどちらかというと実を採取するのが目的のようです。
しかし、花もサクラに劣らず美しく咲きます。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用